結婚をイメージできない方へ。イメージできない理由について徹底解説!

周りはどんどん結婚してヤバイ!と思うのに、いざ自分の結婚となると途端にイメージができない。
そんな人も意外と多いはず。

結婚したい気持ちはあるのにイメージがわかない方へ、その理由と対処法、実際に結婚した方のきっかけとなったことを紹介します。

結婚へのイメージをつかみたい方はぜひ読んでみてください。

結婚がイメージできない理由

結婚はいつかはしてみたいけど、まったくイメージができない…そんな方は次のような理由が考えられます。

今のままで楽しい

結婚しなくても今のままの生活で充分に楽しいというパターンです。

結婚すると1人ではなく2人で生活するようになり相手に合わせる必要が出てきます。
1人で悠々自適な生活を送っているのにわざわざ縛られるのも不自由だと感じるでしょう。

また、金銭的にも制約が生じるので、それらのことを想像すると今のままの生活で満足しているし、わざわざ今の生活を変える気がしないのです。

金銭的に結婚が難しい

結納や、結婚式、新婚旅行にその後の生活…結婚とはお金がかかります。

今の生活でも苦しいのに、結婚なんてできるだろうか…と心配になり、結婚に二の足を踏んでしまいます。

特に男性の方は女性を養う、家族を養うという考えがあるため、強く金銭面への心配を感じるでしょう。

仕事に没頭しすぎている

朝早くから夜遅くまで、仕事を一生懸命している人は結婚について考える時間がなかなかないでしょう。

また、特に女性の方は結婚によってキャリアを失うことに不安を感じます。

結婚と出産は必ずしもセットではありませんが、結婚して子供を産むことによって産休を取ったり、育休を取得してキャリアに遅れが出ることを心配するあまり結婚をイメージできなくなってしまうのです。

子供が欲しいと思わない

結婚すると子供を持つという風潮がありますが、自分が子供を持つことを想像できない方もいます。
子供が嫌いだったり、子育てに自信がない方もいらっしゃいます。

子供を持たないという選択肢もありますが、子供を持たない結婚に意味を見出せない方もいるでしょう。

家庭を持つことに抵抗やトラウマがある

家庭とは幸せであるべきだという固定概念がありますが、誰しもが幸せな家庭で育ったとは限りません。

幼児期のトラウマや周りの人の不幸な話しを聞いて家庭を持つことに抵抗のある人もいます。

幸せな家庭を持っている自分をイメージできないから結婚への希望がわかないという方もいることでしょう。

結婚したいと思う相手になかなか出会えない

好きな人がいないから自分が結婚する姿を想像できないという人もいます。

また、人を好きになりにくい性格の方もいます。
今までも好きになる人ができずらかったので、今後も結婚できるほど好きになれる相手に出会えるか分からず、結婚がなかなか想像できないのです。



結婚がイメージできないときはどうしたら良い?

「いつか結婚したい」と思うのなら少しずつ結婚したいとイメージできるように対処していくことが重要です。

実際にどのように考え方を変えたら良いのか、どのような行動を起こしたら良いのか考えてみましょう。

自分が雰囲気が良いと感じる既婚者に話しを聞いてみる

実際に結婚している人から話しを聞くことは想像力が膨らみますよね。

・子供がかわいくて会社から帰るのが楽しみ
・奥さんと新しい趣味をはじめた
・マイホーム購入に向けて2人で頑張っている

など、明るい家庭の話題を聞くと結婚にも前向きになれるはずです。

良さそうな家族だなと思う方に積極的に話しを聞いてみましょう。

幸せな家庭を訪れてみる

仲の良いカップルにかわいい子供たち…そんな絵に描いたような幸せな家庭に一度お邪魔してみましょう。
ホームパーティーや一緒にバーベキューや食事会を楽しむのがおすすめです。

自分が家庭に身を置いた時の幸福感を肌を持って実感できるきっかけになるでしょう。

出会いを求めるようにしておく

結婚がイメージできないからと言ってまったく恋人も作らないでいては、結婚は遠のくばかりです。

結婚したい気持ちが少しでもあるのなら、紹介を受けたり、婚活パーティーや合コンなどの出会いの場に出かけるなど、出会いは常に求めておくようにしましょう。

どの出会いが結婚につながるかは分かりませんよ!

独身でいることのデメリットを書き出してみる

結婚することのメリットはなかなか想像できないかもしれませんが、独身でいることのデメリットならどうでしょうか?

悪いことというのは案外思いつきやすいものです。

なんとなく独身でいるままではなく、まずは独身でいると不都合なこと、悪いことを書き出して可視化してみましょう。

たとえば、
・家で一人でいると寂しい
・老後の面倒を見てくれる人がいない
・独り言が増える

頭が整理されて結婚へのメリットもイメージできるようになります。

孤独死を想像してみる

このまま独りで死んでいくとしたら…怖くて今まで想像したことがなかったかもしれませんね。

独居で孤独死することを具体的に想像してみるとかなり寂しく、辛い気持ちになってくるでしょう。

「やはり家族が欲しい!結婚がしたい」と思うきっかけになるはずです。



結婚がイメージできなかった人が結婚できたきっかけ

結婚する気がなかった人でも結婚して幸せになっているケースはたくさんあります。

結婚がイメージできなかった人が結婚できたきっかけを見てみましょう。

ちょっとしたきっかけであなたも結婚という幸せをつかめるかもしれません。

恋人と同棲してみた

同棲したことがきっかけで結婚に踏み切ったというカップルはたくさんいます。

付き合っている恋人がいるのなら思い切って同棲を提案してみましょう。

家賃や光熱費が折半となる、一緒にいると安らぐなどのメリットに気が付き、結婚へと向かうことになるかもしれません。

相手のことを思いやるよう努めた

普段お相手のことを思いやって接していますか?

付き合いが長くなってくると、ついつい甘えが出てきて相手よりも自分の要望を貫き通してしまいがちになります。

知らないうちに相手に不満が溜まってしまっているかもしれません。

お相手のことをいたわる態度に改めた途端にプロポーズされた!なんてこともあるほどです。

相手の気持ちになって思いやることを忘れないようにしましょう。

相手や相手の家族からゴリ押しされた

付き合っている相手に猛プッシュされたり、家族に紹介されたことから気に入られてトントン拍子に結婚まで進んだ…というケースもあります。

自分の家族にお相手を紹介してみるのも手です。

結婚とは、相手とだけするものではなく家族ぐるみの出来事です。

家族に相手を気に入ってもらえれば結婚生活がうまくいくイメージがつかめるでしょう。

孤独な老後をとことん想像してみた

いまは友達もいますが、年を取るにつれて友達の数も減っていきます。

また友達は一緒に住むわけではないので、毎日1人でご飯を食べて1人で眠る日々が延々と続くのです。

死ぬ時も1人…なんて一度想像してみると怖くなって結婚の良いイメージを得るきっかけになりそうです。

相手が妊娠した

交際相手が妊娠したことで結婚に踏み切るケースも多くあります。

妊娠したから仕方なく…というのではなく、2人で子供を守り育てていきたいという前向きな気持ちで結婚したいですね。

自分からプロポーズしてみた

交際相手がなかなか結婚について言い出してくれない…という方は思い切って自分からプロポーズしてみましょう。

女性の方はプロポーズを待ちたい気持ちもありますが、どんどん年を取るよりチャンスに賭けた方が良いです。

結婚について言い出してみることで、相手のきっかけになることもあります。



まとめ

多くの人はなかなか結婚が想像出来ないでしょう。
ほとんどの方にとっては、まだしたことのない未知な経験なのですから当然です。

結婚を経験している既婚者に話しを聞いたり家庭訪問をしたりするとイメージがわいてくるでしょう。

恋人がいる人は同棲や自分からのプロポーズ、家族の後押しが結婚のきっかけとなりそうです。

結婚願望のある人で、恋人のいない人は出会いを求める活動をすることが大切です。

すぐに結婚というよりまずは恋人が欲しい人は婚活パーティーやアプリがオススメです。
結婚を具体的に思い描いてみたい人はより結婚に積極的な結婚相談所にトライしてみると結婚への想像力を高めることができますよ。

もし結婚相談所選びに迷う様であれば、【結婚相談所比較ネット】 では、相談者様に合わせた結婚相談所のパンフレットを無料配布してもらえる様ですので、試してみてはいかがでしょうか。